片頭痛と頸部の筋肉
さて、今回は片頭痛について勉強してみたいと思います。





特に、片側の側頭部に痛みが出るとか、めまいもすることがあるとか、頚も固い感じがする、とかいう患者さんに対しての治療の考え方、方法を勉強して行きたいと思います。




今回はズバリ原因の筋肉を先にいってしまいたいと思います。


それは、、、


胸鎖乳突筋です!!!


胸鎖乳突筋







この筋の走行を見てみると、、、側頭骨に付着していることがお判りになるかと思います。


これが、片頭痛やめまいの原因となる理由です。


フォワードヘッドポスチャーの患者さんは特に緊張している事が多いです('ω')ノ


首


ではこの筋の緊張をどうやってとればいいのか!?




では、胸鎖乳突筋の作用を考えてみましょう。


頚の屈曲、同側への側屈、反対側への回旋ですね(^^)




まず、患者を背臥位にさせます。


右の胸鎖乳突筋を緩めるアプローチを行います。


頚を大きく屈曲させ、右へ側屈させます。


そして、少しの反対側への回旋を加え、胸鎖乳突筋が最も緩む位置を探します。


緩むポジションが確認できたら、そのポジションを維持し、胸鎖乳突筋に沿ってゆっくりとマッサージをするように、削っていきます。


それを痛みの出ない強さで行い、評価してみると、、、


変化が出ているでしょう(^O^)/





さらに、胸鎖乳突筋は、(ラテラルライン)に含まれています。


頸部



殿筋群、TFL、腓骨筋、肋間筋などからの緊張が波及しているケースも考えられますので、


そこも評価し、必要ならばそちらの解放も行いましょう。






ホント言うと、胸鎖乳突筋は非常にデリケートな筋ですので、、、


直接アプローチするよりも、筋膜を介して治療するほうがいい場合もあります。


特に腰部のある筋を利用するととても効果的です(*´▽`*)




胸鎖乳突筋は臨床的意義が高い筋でありますので、、、


しっかり押さえておきましょう!!!



以上です。

d

□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
・楽なのは横になっている時だけ。


初回限定キャンペーン


初回8980円➡1980円




076-209-1708   お電話でご予約下さい。

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ホームページを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。


当院のブログも合わせてご覧ください(^_^)
http://ameblo.jp/takahisa0705/


金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                             院長  森 隆久