立ち仕事による腰痛の原因と改善
立ち仕事の方で腰痛に悩まされる方は多いです。
美容師、保育士、介護職、営業の外回りの方、結婚式場のスタッフの方、葬儀場のスタッフの方、、、
いわば職業病とも言えるのではないでしょうか?

最悪の場合は、痛みによって動きが制限され仕事が続けられなくなる事だってあります。
なぜ、立ち仕事の方にはこれほど腰痛の方が多いのでしょうか?
その原因を考えてみましょう。




①立っている時の姿勢に問題がある(姿勢が悪い)

姿勢が悪いと腰痛の原因となります。背中が丸まっていたり反り腰でお尻が突き出ていたり、首が前に出ていたり、、、
確かに長時間立ちっぱなしでいる事でついつい、前後左右何処かに偏った姿勢になりがちです。
筋力の左右差などもあるのでこう言った事が起こります。


②立ちっぱなしによる筋肉疲労

立ちっぱなしでいると当然ですが、姿勢を維持する為の筋肉も疲労してきます。
この筋肉疲労も腰痛の原因になります。背中、お腹、お尻などの筋に負荷がかかり、筋肉が凝り固まり血行が悪くなって、老廃物や、疲労物質が蓄積され腰痛の原因になります。


③足元に原因がある事も(どんな靴を履いていますか?)

ヒール

自分に合っていない靴を履いている事も腰痛の原因になります。多いのがヒールです。
女性はやはり、オシャレの為に踵の高い靴や、つま先の細くなった靴を履くことが多くあります。
ヒールのアンバランスな姿勢を維持する為に、崩れそうな身体のバランスを筋肉が一生懸命働き、何とか姿勢を維持しようとするのです。
その為に姿勢が悪くなってしまう事もあります。

ヒール


では、この様な原因の腰痛はどうやったら改善されるのでしょうか?
もちろん安静にすることも大事ですよね。
しかし、、、
長年の慢性的な腰痛は安静にしているだけでは良くはなりません。

治療が必要なのです!

凝り固まった筋肉を緩め、働くように改善し、ずっと使われていなかった身体の奥の方にある筋肉(インナーマッスル)を働かせ、姿勢改善に取り組む。

立ちっぱなしでも疲労がたまりにくい姿勢を作る事で、腰痛を予防します。
しかし、疲労は蓄積するものです。
この溜まった疲労を、専門家に施術によって血行改善してもらう事によって、身体の一定の場所に留まらせないようにします。

そして、その改善した身体で適度な運動をし、身体の外へ老廃物を排出しやすい身体を作ります。

もちろんセルフケアも行うようにします。腰痛のエクササイズを当院ではお伝えしています。
これらをすべて自分で正しく行う事は大変です。
やはり専門家に診てもらい、自分に合った治療をしてもらい、セルフケアも教えてもらう。
これが一番ベストな方法です。


当院はこの様な慢性腰痛の専門の整体院です。
あなたの『立ち仕事による腰痛』も一度当院にご相談ください。
きっとあなたのお役に立てると思います。

_______________________________________

□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
・楽なのは横になっている時だけ。


076-209-1708   お電話でご予約下さい。

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ホームページを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。

金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                             院長  森 隆久