寝て起きたら腰が痛いのはなぜ?
寝て起きたら腰が痛い。。。
寝てるとだんだん腰が痛くなってくる。。。





と腰痛の患者さんからよく聞きます。

「何もしてないのに、寝て起きたら腰が痛くなっていた。」
と来院する患者さんも多くいらっしゃいます。


しかし、何もしてないのにと言、原因が全くないと言う事はあり得ません。
痛みがあると言う事は、必ずその痛みを引き起こす原因があるはずです。
身体から出ているサインなのです。

当院ではその「原因」を患者さんと一緒に見つけ出し、治療する事が大切だと考えております。

まず「寝方」はどんな状態で寝ているのでしょうか?


寝方


うつ伏せや、変な体制で寝ていませんか?もしくは右向けでしか寝れないなど。
もし思い当たる人がいるのであれば、、、それは、、、


「身体が歪んでいる状態」なのです。
偏った姿勢を取る人は、そうしなければ身体が安定しない原因があるのです。
その多くは『骨盤』であったり『頚』であったりします。

たまにそんな寝方をするくらいならあまり影響はないのですが、、、
毎日の様に偏った寝方をしていては、少しづつ身体が歪んでいくのを助けているだけです。

また、そのような方は寝ている時に「寝返り」が出来ない人が多いです。
夜寝た時と、朝起きた時の姿勢が同じ人は注意が必要です。
寝返りが打てていない事が考えられます。


寝方


寝返りは人間の身体が寝ている時に固まってしまわないように起きる自然な現象なのです。


子供が寝相が悪いと言うのは、子供がいる方ならよくわかるのではないかと思いますが、、、
これは子供が健康そのものと言う証明でもあります。


では、どうすればこの様な「寝方」を改善出来るのでしょうか?

それにはまず、治療によって身体の歪みを作っている原因の筋肉を緩めてあげる事が必要です。
歪んでいる方の多くは片方の筋肉が凝り固まって短縮すると、もう一方の筋肉が引き延ばされて緊張してしまうと言うアンバランスな状態なのです。
その短縮している側を、緩めてあげる事が大事なのです。


次に日常生活の姿勢改善です。
普段自分では気づけないクセを意識して治していくと言う事です。
専門家に自分では気づけない身体の癖を見つけてもらい、改善することです。


そして、身体の歪みがある方は筋力のアンバランスも起こっています。
弱っている筋力をつける為のセルフエクササイズも自分での行えるように専門家から指導を受けましょう。

それを実践する事で「寝方」も改善されていき、寝て起きたら腰が痛いという状態も少なくなっていくのです。

当院ではこの様な「寝方」の改善の治療も行っています。
金沢市で唯一の慢性腰痛専門の整体院です。
身体の歪みを取る為に、パキポキしたり痛みが伴う治療も行いません。

安心して、一度当院へご相談ください。

____________________________________________


□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
・楽なのは横になっている時だけ。


076-209-1708   お電話でご予約下さい。

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ホームページを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。

金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                             院長  森 隆久