ヘルニアの症状ではこの様の事が起こります

椎間板ヘルニアの症状ではこの様な事が起こります。
ここでは、腰椎椎間板ヘルニアについてお話しします。



坐骨神経痛、腰痛、腰~お尻にかけての痛み、シビレ、感覚障害、冷感、筋力低下、重度の場合は排尿障害なども起こる事があります。思い当たる事はありますか?


もっと分かりやすい自覚症状を上げてみましょう。


腰痛


・立っているとすぐに腰が痛くなってくる
・少しの時間でもイスに座っていると辛くなってくる
・30分以上歩くと腰が痛くなる。下肢にビリビリした痛みが出てくる。
・前かがみの姿勢で辛くなる
・下肢の一部分だけ感覚が鈍い所がある
・座った状態から立ち上がるのが辛い
・膝を伸ばして下肢を持ち上げるのが困難(ラセーグ兆候)


この様な自覚症状が現れると言われています。
慢性腰痛を持っている方は特に思い当たる事が多いのではないでしょうか?

更に詳しくみてみましょう。

腰椎と言う背骨の中の腰骨は5個あります。


ヘルニア


その腰を「LUMBER」と英語で呼ぶので、一般的に腰椎の1番上の事を、、、
頭文字を取って、L1と呼びます。2番目の骨をL2と呼んだりします。


腰椎の中でもヘルニアが起きるのが多いのが、L4/L5の間の椎間板がはみ出してしまう事が最も多い為、L4/L5ヘルニアと言う診断名が最も多くつけられます。
その次に多いのが、L5/S1ヘルニアです。
Sは(SALUCUS)です。仙骨と英語では呼びます。次いでL3/L4が多いです。


なぜ、下の方がヘルニアの発生率が高いかと言うとその部分がもっとも可動性が大きい為、負荷がかかるんです。動く範囲が大きいほど負担も大きいと言う事なんですね。


確かに画像に上ではそこのヘルニアが最も多いです。しかし、上記のような症状はレントゲン上で何もない人が、そのような症状を呈している事もあります。

これはどういうことなのでしょうか?

ヘルニアと似た症状が、レントゲンでヘルニアが出ていない人にも起きる。。。
逆に言えば、ヘルニアの画像所見があるにもかかわらず、それが原因では無く上記のような痛みが出ている事も考えられる。





そんな人が、ヘルニアだと診断されて手術を受ける事になったら、、、
結果、良くなる訳ないですよね。。。


当院には手術を受けたが良くならない方が、多くいらっしゃいます。
あなたもヘルニアと診断された、もしくはヘルニアを疑っているのであれば、、、

一度、当院へご相談ください。

___________________________________________

□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
・楽なのは横になっている時だけ。


076-209-1708   お電話でご予約下さい。

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ホームページを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。

金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                             院長  森 隆久