腰痛の症状は様々ですが、、、あなたはどのタイプ?

腰痛と一言に行っても、腰痛症状には様々なタイプがあります。
病名だけを言っても、「腰椎椎間板ヘルニア」「変形性腰椎症」「腰椎分離すべり症」「腰部脊柱管狭窄症」「腰痛症」「強直性脊椎炎」「骨軟化症」「化膿性脊椎炎」「脊椎カリエス」と言った沢山の種類があります。内臓等の病名を合わせるともっとあります。


腰痛


しかし、それらの多くの約85%もの腰痛は、原因が特定できないとも言われています。。。
それを医者が言っているのですから、患者さんはどうしたらいいのか分からない状態です。
だって、専門家の私達にですら、特定できない事があるのですから。。。

医者


当院に来られる慢性腰痛の患者さんの多くは「ヘルニア」「変形性腰椎症」「すべり症」「腰椎症」と診断されてきます。
その患者さんの中から多いタイプと、その原因を考えてみました。





①立った状態で腰を曲げていくと(前屈)痛みが出るタイプ

全ての患者さんにわてはまる訳ではありませんが、このタイプの多くはお尻や太ももの裏の筋肉が固くなっていて、腰痛が出る事が多いです。
主に後面の筋肉のストレッチや治療を行いましょう。肩こりの方も多いかもしれません。


②立ったまま腰を反らせると(後屈)痛みが出るタイプ

全ての患者さんに当てはまる訳ではありませんが、このタイプは主にお腹側の筋肉や太ももの前面の筋肉の緊張が強いタイプです。
前側の筋肉のストレッチや治療を行いましょう。股関節も悪い事が多いです。


③腰を回すと痛みが出るタイプ

全ての患者さんに当てはまる訳ではありませんが、このタイプはお尻や背中の筋肉が固くコリ固まっている事が多いタイプです。太ももの内側や胸部の筋肉が固くなっている事もあります。
寝返りなどでも痛みが出ます。


どのタイプかによって治療する部位も違ってきます。
それなのに多くの病院や接骨院では来た患者さん全てに同じ治療をしている事が多いのです。

それぞれ症状が違うにもかかわらず、同じ治療を繰り返しているのです。

これでは良くなる患者さんもいれば、良くならない患者さんも出てきます。
それぞれの患者さんを個別で評価できるスキルが無ければ、本当にいい治療家とは言えません。


当院ではこの患者さんの痛みを特定する『評価』と言う作業を大変重要視しています。
この作業をおろそかにしていては、患者の痛みを効率よく改善することは出来ません。

虫歯が度の歯なのかもわからずに、適当に歯を削っているのと同じです。

原因を特定して初めて、治療が効率よく行えるのです。
それぞれの腰痛に合わせた治療を当院では行っています。


腰痛の方は、一度当院でご相談されてみてはいかがでしょうか?(*^▽^*)

___________________________________________

□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
・楽なのは横になっている時だけ。


076-209-1708   お電話でご予約下さい。

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ホームページを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。

金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                             院長  森 隆久