神経痛ってこの足のしびれや痛みの事なの?

私にこの足の痛みやシビレは神経痛なのか?





神経痛とは病気の名前ではなく、症状の事です。
例えば、腰椎ヘルニアから来る坐骨神経痛とか言う使い方をしたりします。

この様に原因がはっきりしている神経痛を「症候性神経痛」と言います。
一方で原因がはっきりしないものを「特発性神経痛」と言います。


代表的な神経痛と言えば、坐骨神経痛、肋間神経痛(背中や胸にかけて痛みが出る)、三叉神経痛(顔面に痛みが出る)、帯状疱疹後神経痛なんてのもあります。


当院で診ることの多いものは、圧倒的に「坐骨神経痛」です。
みなさんもこれが一番聞き覚えのあるものではないでしょうか?


坐骨神経痛


椎間板ヘルニアなどで神経が圧迫され、坐骨神経痛が出ます。
他にも坐骨神経痛の通り道をお尻の筋肉が圧迫して起こる坐骨神経痛もあります。
多くは力が入らない、足が痛いのだが、別に押しても痛くない、、、シビレが出る時がある。
等の症状が出る事が多いいです。


では、この神経痛はどの様に治療するのでしょう?


近年では薬の発達により、整形外科のお医者様も薬物療法や、神経ブロック注射、手術と言った治療の成績も上がってきました。

注射


しかし、、、
これらの多くは対処療法でしかありません。残念ながら。。。
出ている症状に対してその症状を治療する。。。
例えば、腰に痛みが出ているからその痛みを止める為に、「痛み止め」の薬を処方する。
しかし、これでは痛みの根本的治療にはなっていません。


歯医者で例えるなら、虫歯を治療せずに麻酔だけかけて痛みをしのいでいる状態です。
やはり、痛みやシビレの、、、「神経痛」の根本的な原因を治療せねば本物の改善とは言えないのではないでしょうか?


腰


私は薬や注射がダメだと言っている訳ではありません。

痛みが強くて夜も眠れない。こんな時には痛み止めや注射はとても効果的です。
急性期の症状にはお医者様の処置にかなうものはありません。
しかし、急性期を過ぎても同じ処置を続けていてはあまり良くありません。。。

慢性期の症状に対しては、当院の様な施術が必要になってきます。


当院では慢性腰痛を専門に施術を行っております。

痛みの本当の原因をつきとめ、当院独自の筋膜のつながりを活かした施術であなたの腰の痛みを改善させます。


慢性的な痛みにもかかわらず、痛み止めや注射の処置を続けている方は、一度当院へご相談ください。
きっとお力になれると思います。

___________________________________________

□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」
整体院「樹」‐TATUKIへお電話ください。
 ◎当院では、この様な方が多く来院されています。
  ・整形外科で、レントゲン・MRIを撮ったがよく原因が分からず、改善出来ていない人。
  ・病院や接骨院で、十分な説明も無いまま「様子をみましょう」と言われた人。
  ・平日は仕事で、土日祝日しか来院出来ない人。
    夜遅くでないと通院出来ない人(AM7:00~PM22:00まで)
  ・シップと痛み止めで、その辛い腰痛をガマンし続けている人。
  ・整形外科や接骨院で電気治療や牽引治療を行ったが、効果がない、または悪化してしまった人。
  
TEL➡「はい。整体院ー樹-です」と出ますので「HPを見てTELしたのですが」とお答え下さい。
簡単な問診とご予約の案内・質問にもお答えさせて頂きます。