首の痛みと慢性腰痛の関係


「首の痛み」と一言に言っても沢山の事が考えられます。
肩こり、ヘルニア、寝違え、交通事故、、、、
沢山の原因が考えられますが、その首の痛みの原因の中に、実は慢性腰痛が原因の首の痛みもあるんです。





よく首の痛みで来院された患者さんに、
「腰痛もあるのではないですか?」と質問すると、
「実は何年も前から慢性的な腰痛もあって、、、」
と答える患者さんがとても多いです。


そんな患者さんは決まって座り方が良くないです。
腰を曲げて背中を丸くして座る方がほとんどです。
実は、この姿勢は典型的な腰痛もちの方の姿勢なんです。


座り方


現代では、スマホ、タブレット、が普及したためにいわゆる猫背の方が急増しています。
これを「タブレット症候群」と呼んだりしますが、肩こりなどの原因になります。
もちろん腰痛にも悪い姿勢です。

その様な方の座り方は決まってこの様になっています。「楽だから」と言う理由で。


姿勢


では、話しを戻してなぜ首の痛みと慢性腰痛が関係あるのか?
その事を考えてみましょう。


まず頸椎と腰椎の動きは連動していると言う事を覚えておいてください。
例えば、スマホを見る時には頚(首)を前に出して見る方がほとんどです。

頚(首)が前に行くとバランスをとる為に、腰椎が逆に相対的に後ろへ行くようになるのです。
首の動きと腰の動きは連動していると言う事です。


では次に、背骨は元々S字状の湾曲を作っている事は聞いた事があると思います。
頸椎と腰椎は前方に出て弓の様にしなっているのですが、、、


スマホやパソコンを見る為に、頭がどんどん前に出て行きます。そうなると頸椎も前に出て行き、逆に腰椎はバランスをとる為に後ろへ行くのでしたね。
こうなると、腰骨の反りが無くなり、背中を丸めた姿勢に近づいていくと言う訳です。


腰骨の反りが無くなってしまうと、ヘルニアなどの慢性的な腰痛が出現してきてしまいます。
これが、頚(首)と慢性腰痛が関係あると言われる一例なのです。

つまり、首の痛みだからと言って、首だけを治療していてはなかなか良くなりません。
この様に、慢性腰痛も原因の一つになっている事も考えて治療する必要があります。


だいたいの首の痛みを訴えられる患者さんの多くは首の痛みより前に、慢性腰痛があったと言われることも多いです。
それだけ、首の痛みは慢性腰痛に関与している事が多いと言う事です。


腰痛肩こり


当院ではこの様な慢性腰痛を専門に施術しています。
首の痛みや肩の痛みも腰に原因がある場合もあります。
一度、当院にご相談ください。

__________________________________________

□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
・楽なのは横になっている時だけ。


076-209-1708   お電話でご予約下さい。

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ホームページを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。

金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                             院長  森 隆久