腰痛ですべり症と診断された方
腰痛持ちですべり症と診断されている方は多いです。慢性腰痛の代表的な疾患です。
当院にも沢山のすべり症患者さんが来院します。
まあ、慢性腰痛専門の整体院ですから当たり前ですがね(*´Д`)





すべり症は年配者に多いものとされています。
もちろん、若くしてすべり症になる患者さんもおいでますが。。。

ただ、なぜ年配者に多く発生するのかと言うと、腰椎の椎間関節という背骨をつなぐ関節の靭帯組織や椎間板の劣化に伴い過負荷を起こし、腰椎がずれてきてしまう為、腰に痛みが出ると言われています。


すべり症


年齢が若ければ靭帯も丈夫で、柔軟性もあり腰椎がすべっても瞬間的なものにとどまり、すぐに元に戻る事が出来ますが、加齢が進むと柔軟性の低下で元に戻る事が出来なくなってしまうのです。
その為、画像〈レントゲン〉ではすべりが確認され、腰椎すべり症と診断されるのです。


ではどんな痛みが出るのでしょうか?


・前かがみで腰のツッパリ感、不安定感
・長時間立っていると、腰やお尻の痛み、下肢にシビレが出る。
・長時間座っているとお尻が痛くなってくる。

腰痛


などの痛みが出る事が多いと思います。
ただ一つ私には疑問があります。それは、、、

腰椎すべり症ではないと思われる、健康な人のレントゲンを撮っても沢山の人にすべり症が発見されることが多いのです。
つまり、すべり症を患っているのに痛みなどの症状が出ていない人が沢山いると言う事です。
これはどういうことなのでしょうか?つまり、、、


病院で腰椎すべり症と診断されていても、その腰痛や下肢の痛みシビレが腰椎すべり症から来ているものだとは、必ずしも言えないと言う事ではないでしょうか?


当院に来ている患者さんで、すべり症と診断され、手術を受けても良くならず、当院で施術をして行くと改善して行く患者さんが多くいらっしゃいます。
この方たちは、本当はすべり症が原因の腰痛では無かったのではないかと私は考えています。

なのに、身体を傷つけメスを入れて大変な思いをして手術をしたのです。
この様な事が日常的に起こっているのかと思うと、、、ゾッとします。。。


出来れば、手術をする前に当院に来て治療をしてみて、、、ダメなら手術を選択して欲しい。。。
それが私の正直な気持ちです。

当院でなくてもいい。腕のいい先生に診てもらってから手術を決めて欲しいと思います。
腰痛の原因は本当に様々なのです。
沢山の腰痛の原因を、レントゲンやMRIなどの写真1枚で理解しようとすることはナンセンスだと言わざるを得ません。それだけで原因を特定する事が良くないと思います。

当院ではこの様な慢性腰痛(腰椎すべり症など)を専門的に施術しております。
手術を受ける前に一度当院にご相談ください。

___________________________________________

□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
・楽なのは横になっている時だけ。


076-209-1708   お電話でご予約下さい。

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ホームページを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。

金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                             院長  森 隆久