腰椎すべり症は整体で治せるのか?
腰椎すべり症と診断され、腰痛で悩まれている方は多いです。
当院にも腰椎すべり症と診断された方、または腰椎すべり症と診断され手術をしてきた方も多くいらっしゃいます。





共通して言えるのは、手術をしたからと言っても、保存的治療(リハビリ)をしていても、なかなか良くならず、当院に来られる方が多いと言う事です。


まず、腰椎すべり症について最初から考えてみましょう。


腰椎すべり症とは、腰骨が前方や後方へずれてしまう事を言います。多くは前方へずれる事が多いです。
このすべり症の原因は、腰骨の後方にある上下椎間関節が分離してその為支えが無くなり、前方へずれてしまう事が原因としては多いです。これを腰椎分離すべり症といいます。第5腰椎に多いです。


すべり症


他にも生まれつきの形成不全すべり症と言うものもありますが非常にまれです。

そして最も多いものが変性すべり症と言われるものです。
これは、閉経後の女性に多く発症し(50代~60代)女性ホルモンの減少によって、骨粗しょう症を発症し、骨が弱くなりそれまで支えられてきたはずの関節が、支えが弱くなりズレてしまうものを言います。


これが腰椎すべり症と言われるものですが、症状は腰痛、下肢のシビレ、下肢の痛み、歩行障害などの様々な下肢の症状を呈します。
重度のものは、手術の適応となる訳なのですが、、、そのほとんどはレントゲンやMRI画像を元に判断されます。

しかし、ここで気をつけて頂きたいことがあります。

果たして、あなたのその下肢のシビレや、痛みは本当に腰椎のすべりから来ているものなのですか?
と言う事です。


よ、いうのも痛みのない健康の人がレントゲン、MRIを撮ってもヘルニアや腰椎すべり症が発見されるケースが多いからなのです。
もちろん、本当にそのすべりから痛みが出ているケースもあります。





しかし、中にはその腰椎すべり症が原因でない、他の所に原因がある下肢のシビレや痛みが起こっている場合が考えられるのです。

でなければ、当院ですべり症の患者さんが改善している理由が説明がつかないのです。

「先生、腰椎すべり症の手術をしたのですが、、、痛みがとれないんです(._.)」

と言って皆さん来院されますが、、、
そのほとんどが改善されていきます。患者さんも不思議がられています。なぜ手術しても治らないものが改善されていくのだ?と。。。
あまり大きな声では言えませんが、この様な患者さんのほとんどが、手術が必要ではなかったと言わざるを得ません。。。


当院では、あなたの慢性腰痛の本当の原因を見つけ出し、「根本的治療」を行います。
あなたの腰椎すべり症も出来れば手術をする前に、当院にご相談いただけませんか?
ダメもとでと考えて来られてもいいです。
当院にご相談ください。きっとあなたのお役に立てると思います。

___________________________________________

□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
・楽なのは横になっている時だけ。


076-209-1708   お電話でご予約下さい。

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ホームページを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。

金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                             院長  森 隆久