整体院と接骨院の違い

整体院と接骨院(整骨院)は何が違うのか?
私自身も患者さんに良く聞かれる事があります。その違いについて解説したいと思います。


整体


まず接骨院ですが、この接骨院を開業するには柔道整復師という国家資格が必要です。
そして、保険を扱えるのは医師、歯科医師、柔道整復師、鍼灸師(制限有)だけです。
針師はは完全に医師の指示がないと使えません。
柔道整復師は、骨折、脱臼の応急処置と捻挫、打撲、挫傷なら医師の指示無く行えます。

例えば、肩こりや五十肩、ヘルニア、脊柱管狭窄症に対しては保険は使えないのです。

でも現状何処の接骨院もこれらを保険で扱っていますよね。。。
どうしてそんな事できるの?
単純に病名を偽っているからです。
肩こりも「頸椎捻挫」と急性期の病名をつけて保険請求しているんです。
(全ての接骨院ではないかもしれませんが、、、)




皆さんはこれをどう思われますか?

単純に違法だしダメだろ!
と思いますか?それとも、、、
患者負担が少なくなるから気にしないし別にいいでしょ!
と思いますか?

まあ、考え方は人それぞれですが、私は個人的にはダメだと思います!
だって、こんな事しているから柔道整復師の保険請求が良く思われなくなるんですよ。


こんな批判的な事を書いていますが、、、私も柔道整復師なんです(*´▽`*)笑


しかし、私は整体院をやっています。
金沢市で唯一の慢性腰痛専門の整体院 樹-TATSUKI-です(=゚ω゚)ノ
おそらく、金沢市で柔道整復師なのに接骨院でなく整体院をしているのは私だけではないでしょうか?


なぜ、私は柔道整復師でありながら整体院を経営しているのでしょうか?

それは、先ほど述べたように保険を偽って使いたくないと言う事。
患者さんにうそをつきたくないと言う事。
不正請求に患者さんを巻き込みたくないと言う事。
慢性腰痛で困っている患者さんの役に立ちたいと言う事。
接骨院では慢性腰痛は保険請求はできないですから。。。


理由はまだまだありますが、偽って患者さん負担を減らし患者さんに来てもらうよりも、ちゃんと自費でお金を頂いて、その価値ある施術を患者さんに提供できるようになる事が、自分のため、患者さんの為でもあると考えたからです。

しかし、整体院には国家資格が必要ありません。誰でも整体師になれます。
その為、技術の差が出てしまう事もありますので、、、患者さんが安心できない面もあるかもしれません。

両方のいいとこ悪いとこありますが、整体院で国家資格を持っているのはおそらく金沢市では当院のみではないでしょうか?それくらいこだわりが強いと言う事です。

当院では保険適応は行っておりません。全て自費での施術となります。
しかし、費用以上の価値を患者さんに提供いたします。
慢性腰痛で悩まれている方は一度当院へご相談ください。
___________________________________________

□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
・楽なのは横になっている時だけ。


076-209-1708   お電話でご予約下さい。

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ホームページを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。

金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                             院長  森 隆久