自律神経と腰痛の関係性
今日はすごく初歩的な内容にはなってしまいますが、
『自律神経』について書きたいと思います。


自律神経


よく『自律神経失調症』という言葉を聞くことがあると思いますが、、、
意味がよく分からない人もおいでると思います。
詳しく説明して行きます。



◆自律神経で重要なたった一つのこと

「自律神経」は「自律」している神経、つまり私たちの意識から独立して勝手に働いている神経です。


”意識”はしていないわけですが、寝ても覚めても、生きている間はず~っと動いている神経です。


逆に言うと、私たちが意識してもコントロールできない神経です。
「心拍数よ、上がれ!」っていってもドキドキしないですよね。


でも、”間接的”には調節できるかもしれません。
例えば、大勢の人の前で何か発表する状況をリアルに想像すればドキドキしてきますよね?笑


それはあくまで想像したイメージに対して身体が勝手に反応しているのであって、自律神経そのものをコントロールしているわけではありません。


とまあ、前置きはこのぐらいにして、自律神経をまとめていきましょう。


まず、自律神経は、
「交感神経」と「副交感神経」に分けられます。


そして、最も重要なイメージとして、、、

・交感神経=攻撃体勢(運動できる状態)
・副交感神経=休憩体勢(身体が休んでいる状態)




というのを覚えてください!


交感=攻撃
副交感=お休み


これだけ覚えたら、それぞれが身体に対してどのように働くかはすべて予想できます。


腰痛の人の多くは『交感神経』が優位になっている事が多いです。
『攻撃』ですから筋肉が緊張しているのは、なんとなくイメージできるのではないかと思います。


そして、通常の健康な人では
交感神経と副交感神経は「シーソー」のような関係になっており、つり合いを保っています。
一方で過度なストレスなどで、どちらかにバランスが崩れると自律神経障害という状態になるわけです。


では、次に自律神経の働きについてまとめていきます。


◆自律神経による実際の身体の反応は?

身体のすべての部分において、自律神経は常に働いており、シチュエーションに有利になるように身体を制御しています。


と、いうことは。。。
眼では?
心臓では?
肝臓では?
血管では?・・・



今回これだけ覚えておいていただきたいのは、
「すべては繋がっている」ということです。


身体はバラバラに動くようにはつくられていません。
それぞれ同じ方向に向かって制御されていきます。


それが先に紹介した、

・交感神経⇒攻撃
・副交感神経⇒お休み

という方向なのです。


では具体的にみていきましょう。
と言いたいところですが、ある程度深く理解するためには、最低限の専門知識も必要です。


・神経伝達物質は?

難しい名前が出てきて理解しづらいかと思いますが、、、
頑張ってついてきてくださいね(;´Д`)

「神経」なのでその情報を伝えるものが必要です。

交感神経=NAd(ノルアドレナリン)
副交感神経=ACh(アセチルコリン)

これらが最終的に神経終末から放出されて、臓器にある受容体に作用します。
簡単に、この物質がそれぞれの神経を通っていくと覚えて起きましょう。


では、実際の身体の機能についてです。

☆眼(瞳孔)
・交感⇒散瞳=瞳孔散大筋の収縮(瞳孔が開く)
・副交感⇒縮瞳=瞳孔括約筋の収縮(瞳孔が縮こまる)

攻撃したいときは、
「眼」がよく見える方がいいですよね。
だから光を多くとりこめるように瞳孔が開きます。



☆唾液腺
交感⇒粘調性の唾液分泌
副交感⇒漿液性の唾液分泌

緊張した時は口が渇きます。
逆に寝ているときはよだれがだら~です。
ご飯と食べるときはリラックスしていて、
消化が必要なので、唾液がたくさんでます。


☆心臓
交感⇒心拍数、拍出量↑
副交感⇒心拍数、拍出量↓

攻撃したいときは、身体中に血液を
送って、運動能力を高める必要がありますよね。


☆気管支
交感⇒気管支平滑筋の弛緩=気管が拡がる
副交感⇒気管支平滑筋の収縮=気管が狭まる

攻撃したいときは鼻息が荒くなり
酸素をたくさん取り込んで運動能力アップが必要です。


☆胃腸
交感⇒腸管平滑筋の弛緩、胃腸運動抑制
副交感⇒腸管平滑筋の収縮、胃腸運動抑制

攻撃しようとしている瞬間に
のんきに飯を食べている余裕はありません!
ご飯を食べるのはリラックスしているときなので
腸管の動きもそれに合わせて調節されます。


☆尿
交感⇒出にくくなる
排尿筋の弛緩、内尿道括約筋の収縮
副交感⇒出やすくなる
排尿筋の収縮

誰かにみられていると、
緊張しておしっこがでなくなりますよね。
もちろん攻撃するときにはトイレのことなんかかまっていられません!


☆子宮平滑筋
交感⇒弛緩
副交感⇒収縮

敵から追われているときに
赤ちゃんを産んでいる余裕はありません。
分娩するとき「リラックスして~」と言われるのは副交感神経=収縮だからですね。


☆血管
血管は大きく2種類に分けて考えていきます。
「皮膚や粘膜の血管」と「骨格筋の血管」です。

攻撃したり運動したいときには、骨格筋に多くの血液・栄養を送りたいわけです。
つまり、骨格筋以外の血管を収縮させて、骨格筋の血管を拡張したいわけです。

ここで考えて頂きたいのが、、、

腰痛の方=疲労が溜まっている

このパターンが多いですね。
疲労が溜まっている時には、もちろん筋肉は動きにくくなることは容易に想像できます。
ですから、交感神経がとても活発にならざるを得なくなります。
つまり交感神経優位になっている事が多いです。


痛みが強い時に眠くなりますか?
つまり、「痛みで寝れない」「痛みで目が覚める」という状態は交感神経が活発な状態です。


自律神経


交感神経の働きを抑える事も、腰痛治療では必要な事です。
当院の患者様は、多くの方が、、、

「治療中眠くなってしまう。。。」

と言われます。
これは副交感神経が優位な状態にしているためです。


あなたの痛みも当院で治療しませんか?
自律神経系の異常を疑っている方は、、、
当院にご相談ください。
きっとあなたのお役に立てると思います。


__________________________________________

□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
・楽なのは横になっている時だけ。


初回限定キャンペーン


初回8980円➡1980円




076-209-1708   お電話でご予約下さい。

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ホームページを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。


当院のブログも合わせてご覧ください(^_^)
http://ameblo.jp/takahisa0705/


金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                             院長  森 隆久