腰椎ヘルニアの一般的な原因と真実
腰椎ヘルニアという病態について説明します。


まずは、一般的な原因と病態です。






腰椎椎間板ヘルニア

『ぎっくり腰』というものが症状名に対し、椎間板ヘルニアは病名です。
立派な病気ということです。
腰痛の痛みと共に、神経が圧迫されることによる痺れも同時に起こると言われています。


腰痛と椎間板ヘルニアは同じ腰の痛みでも、そのメカニズムが根本的に違います。


椎間板ヘルニアは腰痛と違い、腰椎椎間板が突き出ていて、脊髄中枢神経や末梢神経が圧迫されている状態です。





では、そもそも「椎間板」とは何なんでしょうか?


椎間板とは、24個の腰椎の間にあるクッションの役割をしているもので、背骨にかかる負荷を軽くしているものです。


構造については中心に髄核があり、髄核を包み込むように繊維輪軟骨があります。


髄核を餡、繊維輪軟骨を大福の皮にたとえて、大福餅に例えられています。
椎間板全体が負荷を軽くしているのではなく、中心にある髄核がクッションの役割をし、繊維輪軟骨が髄核を保護している形になります。


椎間板ヘルニアは、上記の椎間板がヘルニアを起こすと言うことですが、ヘルニアとはどんな状態になることなのでしょうか。


ヘルニアとは、突出した状態のことを指します。


ですから、椎間板ヘルニアは、椎間板が突出してしまった状態のことを言います。





椎間板ヘルニアの一般的な症状について

神経


椎間板ヘルニアには痺れがつきものですが、痺れの正体は何なのでしょうか。


椎間板ヘルニアは、ヘルニアの状態にある椎間板が、脊椎の神経を圧迫するために痺れが起こります。
痺れの範囲は神経が圧迫されている部分によって異なります。


脊髄の神経には、背骨を横断する脊髄中枢神経という太い神経と、脊髄中枢神経から枝分かれして、身体の各末梢に走っている抹消神経があります。


斜め方向にヘルニアが起こり、左右の末梢神経のどちらかを圧迫した場合には、その末梢神経が支配している方向の部分が痺れます。


痺れの範囲は、ヘルニアが接触する程度が低いと臀部や太ももに痺れが出、脊髄中枢神経を圧迫するように真後ろにヘルニアが起こると、左右両方の末梢神経が支配する部分に、同時に痺れが起こります。


痛み


この様に一般的には言われています。


椎間板ヘルニアになると、ぎっくり腰のような激しい腰痛と、ヘルニアによる下半身の痺れが同時に起こります。

ヘルニア症状は身体の中で起こっていることですから自分で対処のしようがありませんが、腰痛に対してはある程度抑えることができます。


発症してから3日は動かないようにして絶対安静を心がけ、筋肉の炎症を抑えるために、その間は患部を冷やしましょう。

炎症を起こしている間は患部を温めてはいけませんので、入浴は控えなければいけません。

3日が経過して痛みが和らいできたら、冷やすのをやめましょう。

動けるようであれば患部をコルセットで固定して、整形外科の診察を受けましょう。





これが一般的に言われている『腰椎ヘルニア』なのですが、、、


当院に来る多くの患者さんたちが、病院で『腰椎ヘルニア』と診断されているのですが、、、
この腰椎ヘルニアではない人達がほとんどだという真実をあなたはご存知でしょうか?



なぜそんなことが分かるのでしょうか?



本当に上記のようなヘルニアであったならば、、、
当院で施術しても痛みが取れる訳がありません。
当院では「筋肉」『筋膜』に対して施術を行っています。


決してその椎間板や腰椎に直接アプローチしたりしていないのです。


なのに痛みが取れていくのはどうしてなのか?


答えは簡単です。


『椎間板ヘルニアが原因の痛みでは無く、筋肉・筋膜が痛みの原因であると言う事なんです』


確かにレントゲンを撮るとヘルニアが写っているのでしょう。
しかし、必ずしもそれが痛みの原因となならないと言う事ですね。
だって健康な人がレントゲンを撮っても、ヘルニアが見つかる事があるんですから。


この事実を知っているか、知っていないかであなたの腰痛が治るのか決まってきます。


『ヘルニア』と診断されて悩んでいる方は、当院にお越しください。
もしかしたら、改善可能なのかもしれませんよ。
痛みの原因がヘルニアではなく、『筋肉・筋膜』にあるとしたら?


1度お電話でご相談ください。


きっとあなたのお役に立てると思います。

治療

__________________________________________

□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
・楽なのは横になっている時だけ。


初回限定キャンペーン


初回8980円➡1980円




076-209-1708   お電話でご予約下さい。

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ホームページを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。


当院のブログも合わせてご覧ください(^_^)
http://ameblo.jp/takahisa0705/


金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                             院長  森 隆久