腰痛改善は健康寿命を延ばすことにつながります。
健康寿命という言葉をご存知ですか?



健康寿命とは、健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間の事です。
「平均寿命」と「健康寿命」の間には、、、
男性で約9年、女性で約13年の差があります。
誰もが最後まで、健康で生き生きとした生活を送りたいですよね。


今では介護保険制度と言うものがありますが、、、
この介護保険制度を利用している人の、要支援・要介護になった原因が、、、

1位、運動器の障害

2位、脳血管疾患

3位、認知症

4位、高齢による衰弱


となっています。
どういうことかと言うと、、、運動器疾患と言うものは、、、
簡単に言うと、筋肉や骨の病気などにより「立つ」「歩く」などの日常的な動作が妨げられている状態の事を言う事が多いです。



「ロコモティブシンドローム」という言葉を聞いた事があるでしょうか?
通称「ロコモ」なんて言われたりしますが、、、
よくテレビなんかでも取り上げられていますよね。

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)

筋肉、関節、軟骨、椎間板、と言った運動器のいずれかが、または複数に障害が起こり「立つ」「歩く」と言った機能が低下している状態の事です。
筋肉や骨を強くして「ロコモ」にならないようにしていきたいですね。



「ロコモ」になると健康寿命が短くなってしまうのは言うまでもありませんね。



しかし、、、筋肉や骨を強くすると言っても、、、
あなたは人間の骨や筋肉の量がピークを迎えるのは何才くらいだと思われますか?


それは20~30代です。
それ以降はやはり衰えていく傾向にあるようです。
でも、だからと言って何もできない訳ではありません。



筋肉や骨は適度な運動で適切な栄養を取っていくことで強く、丈夫に維持されます。
弱った骨や筋肉では40代~50代にかけて体の衰えを感じやすくなって60代以降思うように動けない身体になってしまう事があります。
それを予防する為にも今からでも運動と食事に気をつけていけば問題ありませんよ。


筋肉、骨と同様に椎間板にも運動や生活活動によって適正な負荷がかかる事が必要です。
ただし、過度なスポーツや過体重によって「負担をかけられすぎる」と軟骨や椎間板は逆に痛んでしまいます。
そうかといってやせすぎると筋肉や骨は弱くなってしまいます。
肥満ややせすぎも良くありません。
あなたにも心当たりはありませんか?



健康寿命を延ばすためにはこの様な事も理解して行かねばなりません。
何も考えずに、好きなだけ食べて、好きなだけグータラしていてはいつ、何時何があるか分かりません。
健康寿命を延ばすために必要な事を当院では指導させて頂いています。



ただ、痛みを取るだけでなくて、その患者様の今後も考えた治療のご提案をさせて頂きます。
あなたのその辛い痛みを取り除き、健康で何不自由ない生活を送っていきたい方は、、、
1度当院にご相談してみてください。
きっとどこよりもあなたの事を1番に考えた治療をさせて頂きます。

___________________________________________

□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
・楽なのは横になっている時だけ。


初回限定キャンペーン


初回8980円➡1980円




076-209-1708   お電話でご予約下さい。

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ホームページを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。


当院のブログも合わせてご覧ください(^_^)
http://ameblo.jp/takahisa0705/


金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                             院長  森 隆久