本当に必要な『1日に飲む水の量』
人間の身体がいい状態を保っていくのに絶対に不可欠なものがいくつかあります。
その内に大切な『水』『食べ物』『睡眠』があります。


その中でも大切な『水』についてです。
当院でも、治療後にはお水をたくさん飲んで下さいと指導します。
治療後に水を飲むと治療効果がアップする事があるからです。





突然ですが、皆さんはこの様な事はありませんか?

・身体が重い、だるい
・足がむくむ
・お通じが悪い
・尿の回数が少ない(1日に5回以下)
・冷え性
・目や唇が渇く
・肌のツヤが悪い


この様な条件に当てはまる人はこの『水』のお話しは要注意です。
水を飲むようにするだけで劇的に改善する症状もありますから、正しい知識を得るようにしましょう。



では、水を飲むことによって得られるメリットとは何でしょうか?


①代謝がメチャクチャ上がる

体内の老廃物、疼痛物質、乳酸が体外に素早く出されるようになる。
身体の回復サイクルが早まり、痛みが早く治ります。
筋肉痛なんかはこれだけで早く治る事があります。



②デトックス効果

老廃物が排出されるので、美肌効果、便秘、ダイエット効果もあります。


③血液循環UP

冷え性、むくみ、だるさに効果を発揮します。
筋肉の動きも良くなり、関節可動域が広がり、身体が動きやすくなります。



では、どのくらいの量を1日に飲めばいいのでしょうか?



簡単に計算すると、

体重×30=〇〇〇〇ml

の水分が必要です。
体重50キロなら、1500ml必要だと言う事です。1,5ℓです。
しかし、これは必要最低限の量です。

水

本当は2ℓ~3ℓは欲しい所ですね。
成人の身体の水分量は体重の60%と言われています。
50キロの人なら、30キロは水分と言う訳ですね。



1日に3ℓ飲んでいけば、10日で全ての身体の水分が入れ替わり計算になります。


いつもそんなに飲んでないけど大丈夫だという方。。。
人間は水分が足らないと、あるもので何とかカバーしようという性質があります。
つまり、リサイクルされて身体の水分が使われるのです。
お風呂で言ったら、残り水を何回も使っているようなものです。
あまり、良くなさそうではありませんか?



そんなこと言っても飲めない(T_T)
という方は、、、
少しずつでいいんです。
一気に飲まなくてもいので、一口ずつ、こまめにとるようにしましょう。
そして、飲んだ量が分かるようにしておきましょう。


一番飲むのにいい時間帯は、、、

朝起きて、0.5~1リットル
午前中に 1リットル(ちびちびと少しずつ)
あとは、0.5~1リットル のどが乾いたら、
寝る前に少量



これがベストではないかと思います。
ちなみに、お茶、ジュース、お酒などではいけません。
余計な成分が無い方が体外に悪い物質が排泄されやすいからです。



当院では「慢性腰痛専門」ですが、この様な身体のケアの指導もおこなっています。
より治療効果を高くする為です。


指導


腰痛だけでなく、身体全体のケアもして行きたい方は一度当院にご相談下さい。
あなたからのお電話をお待ちしております。

___________________________________________

□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
・楽なのは横になっている時だけ。


076-209-1708   お電話でご予約下さい。

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ホームページを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。


当院のブログも合わせてご覧ください(^_^)
http://ameblo.jp/takahisa0705/


金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                             院長  森 隆久