腰椎分離症が発生する原因と治療法
腰椎分離症とはどんな病気なんでしょうか?
まずは、そこから説明して行きたいと思います。
腰椎分離症とは簡単に言いますと、『腰骨の一部分の疲労骨折』です。




そうなんです。
実は疲労骨折なんですよ。あまり一般的には知られていませんが。。。

多くは、10歳から15歳くらいの中学生に起こる場合が多いです。
だからと言って大人に発生しない訳ではありませんが。。。
身体が比較的に柔軟な年ごろに、

・過度の腰部の伸展運動(身体を反らす)
・股関節の屈曲運動(ボールを蹴る等の動作)
・腰部の過度な回旋運動(腰を繰り返し捻る動作)

等を繰り返し行う事で、腰椎の前弯が増強し繰り返し腰骨の一部分に負荷がかかり発生します。

前弯



スポーツ選手の中には、30%~40%は腰椎分離症が起こっていると言うデータもあります。
分離症だけでは痛みが起こらない事もある為、気づかないケースもあります。
一般の方には5%ほどの分離症患者がいるとされています。
しかし、その『分離症』が進行して『分離すべり症』となり痛みが出てくることもあります。


では、この分離症が起こる原因ですが、、、
先程述べた通り、過度な腰椎部の運動を繰り返すために起こります。
腰椎の前弯を増強させる筋肉の固さが主な原因となる場合が多いです。
その筋肉とは、、、
『腸腰筋』や『大腿四頭筋』が固くなってしまう為に腰椎前弯が増強し『分離症』となってしまいます。
この2つの股関節の屈曲筋が分離症の人はほぼほぼ固くなっています。


腸腰筋

大腿四頭筋


ではどうすればいいのか???


この2つの筋肉を緩めたりストレッチしたりすることにより分離症を防げるし、痛みを軽減出来たりもします。
それにプラスして、この筋肉と『つながりが強い筋肉』も一緒に治療する事でさらに痛みを減少させ、治療効果を高くします。
当院ではそのような治療を行っています。


分離症と診断され、痛みで悩んでいる方はぜひ一度当院にご相談ください。
あなたの痛みは手術しなくても改善出来ます。
あなたからのお電話をお待ちしております。
___________________________________________

□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
・楽なのは横になっている時だけ。


076-209-1708   お電話でご予約下さい。

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ホームページを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。


当院のブログも合わせてご覧ください(^_^)
http://ameblo.jp/takahisa0705/


金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                             院長  森 隆久