腰椎椎間板ヘルニアの手術をしても痛みが取れなかった
医者『手術をしないと治りませんよ。大丈夫。今では内視鏡でヘルニアの手術も簡単に出来ますし、すぐに退院できますよ。』




なんてお医者様に言われて、手術に踏み切ったはいいものの、痛みがあまり変わらなかったあなた。
それはなぜなんでしょうか???
椎間板ヘルニアが腰の痛みや下肢の痛み、シビレの原因です。
と言われたのに、、、
その原因を取り除いても痛みやシビレは変わらない。。。

下肢


これはつまり、、、


『ヘルニアが痛みの原因では無かった!』
と言う事ではありませんか???
だって、飛び出ている部分が神経を圧迫して痛みやシビレを出しているんであれば、、、
その部分が無くなれば理論的には痛みは取れるはずです。
それが取れないんだからこう考える事が普通です。


ヘルニア


では、その腰の痛みやシビレの原因は何なんでしょうか?


一言で言えば『身体の歪みが原因!』です。
その身体の歪みを作り出しているものは、、、筋硬結。
TP(トリガーポイント)と言うものです。
つまり、ヘルニアが原因では無くて筋肉の凝り固まりに原因がある場合がほとんどなんです(;´Д`)


お医者様自身も、「腰痛の85%は原因がはっきりしない。」と言う風に事実を認めてはいるんです。
しかし、なぜかレントゲンやMRIに頼り切った診断をされているのが現状です。
画像に頼った診断ではトリガーポイントは発見できません。。。
しっかりと触診で見つけ出さねばなりません。


トリガーポイント


そして、そのトリガーポイントを除去する治療技術も必要です。
これは別に手術なんて必要ありません。
徒手療法で施術可能です。
ですから、出来れば手術を選択する前にこの様なトリガーポイントの治療を試してみて欲しいと言うのが当院の想いであります。
もちろん、手術をしても痛みが変わらなった方も当院にご相談ください。
ヘルニア以外の痛みの原因を当院が見つけ出し、治療させて頂きます。


治療


長年の積み重ねで出来たトリガーポイントは、一度の治療では全て取り去る事は難しいです。
でも、そのトリガーポイントから来る痛みは放っておいて良くなあるものではありません。
安静にしていれば治る類のものとは全く違うものです。


出来れば早めにお当院へお越しください。
痛みを先延ばしにすればするほど、、、
改善するのは難しくなっていきます。

一度、「金沢市で唯一の慢性腰痛専門の整体院 樹」へご相談ください。

___________________________________________

□慢性腰痛でお困りの方は、金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
・楽なのは横になっている時だけ。


076-209-1708   お電話でご予約下さい。

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ホームページを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。


当院のブログも合わせてご覧ください(^_^)
http://ameblo.jp/takahisa0705/


金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                             院長  森 隆久